見出し画像

「おい! どこでハッピーエンドにしとんねん! アホンダラァア!!」

cakesで、『笑いのカイブツ』番外編
「おい! どこでセックスしとんねん! アホンダラァア!! 」

が公開中です。

タイトルは、たいへん悩みました。
正直、もうすこし無難なもの、かっこいいもの、内容の軸に沿うもののほうが安心です。

「自分が死ぬべき最高のタイミングを逃した男」「27歳で死んだ、僕を乗せて走る銀河鉄道の夜」「僕は、僕を、終わらせたかったのに」「誰からも愛されないと思っていたから、このまま、愛されとる状態のまま、死にたいねん。」「笑いのカイブツ 番外編」……

そして、一周、二周、三周、ぐるぐる回って、

「おい! どこでセックスしとんねん! アホンダラァア!! 」

これに決めました。ものものしくて、すいません。
一番下世話で、ミステリーがあって、力強くて、クリックされそうな“生命の営み”を罵倒する、怒りと悲しみの声。
突如、夜中にこだまするカイブツのうめき声。
ツチヤタカユキさんを知らない人にまで、届きますように。


申し遅れました。
『笑いのカイブツ』編集担当の中島洋一と申します。

ツチヤさんは、お会いすると寡黙な方ですが、文章は饒舌です。
上京して4日間、オフィスに缶詰になってもらったときも、黙々と今詰めてくださったので、こんなことを考えてたなんて知りませんでした。
なんで今日も下着を替えないのだろう、と。

そんなツチヤさんと、書籍『笑いのカイブツ』についての、
メールでのやりとりをご笑覧ください。

------------------------------------------------------------

編集者 → ツチヤタカユキ

2016/12/13.00:19

ツチヤさま

おつかれさまです。

6章のタイトルについて、確認です。

「死にたい夜を越えていく」

これ、すごくいいんですけど、
ややネタバレ感があるなと思い直しております。
つまり、ハッピーエンドを予告するような。

たとえば、
「死にたい夜のど真ん中」
「死にたい夜の数え方」
「死にたい夜を撃つ」
「死にたい夜のカイブツたち」
「カイブツたちのいるところ」

など、ボカしたほうがいい気がするのですが、どう思われますか?

ご確認をよろしくお願いします。

中島拝

------------------------------------------------------------

ツチヤタカユキ → 編集者

2016/12/13.02:04

中島さま

お疲れ様です。

6章タイトル、
死にたい夜を越えていく人に向けて書いたので、
「死にたい夜を越えていく」がいいです。

書くことによって、死にたい夜を越えて来られたのも、あります。

死にたい夜を越えていく。

歴史に刻みたい言葉は、これしかないので、
これを刻ませて下さい。

違うのにしたら、後悔するような気がして、
でも、死にたい夜を越えていくを、刻めたら、
少なくとも、表現者としての悔いは残らないです。

この一冊で終わるかもしれない人間です。

悔いの無いようにしたいです。
今の読者が、これをネタバレと受け取るなら、それでもいいです。

掲げてるのは、看板であり、旗です。
これ以上ふさわしい、旗はないです。

ずっとしがみついて、来たのは、この言葉であり、
今も現在進行形で、しがみついています。

同じような夜を過ごす人には、この言葉に、しがみついて欲しい。
それを掲げています。

僕が、死にたい夜を越えていくというだけの意味ではなく、
死にたい夜を越えていく人のために、ブログを書き始めるという意味での、死にたい夜を越えていくで、そのブログを書くことを生きる目的にして、自分も死にたい夜を越えていくという、複雑な意味合いがあります。

死にたい夜を越えていく。

発売を延期したことにより、期限が伸びて、
6章のタイトルが、死にたい夜を越えていくから、変更されるなら、
無理を言ってでも、1月発売にしてもらうべきだったと、思います。

死にたい夜を越えていく。
死にたい夜を越えていく。
死にたい夜を越えていく。
死にたい夜を越えていく。
死にたい夜を越えていく。
死にたい夜を越えていく。

------------------------------------------------------------


死にたい夜を越えていく。
ツチヤさんの想いを受け取った私は、

「おい! どこでハッピーエンドにしとんねん! アホンダラァア!! 」

と自分をどやしつけました。


死にたい夜を越えた朝が、ハッピーエンドかバッドエンドか。

『笑いのカイブツ』、みなさんの目で、お確かめください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

yoichi nakajima

編集者。papyrus→cakes→NewsPicks. 「やせた?」と100万回ぐらい言われてますが、体重変動はほぼありません。

『笑いのカイブツ』特設サイト

〝伝説のハガキ職人〟ツチヤタカユキによる心臓をぶっ叩く青春私小説『笑いのカイブツ』が、2月16日発売(文藝春秋社)。 他を圧倒する質と量、そして〝人間関係不得意〟で知られるツチヤタカユキ、27歳、童貞、無職。その熱狂的な道行きが、いま紐解かれる。  装丁・ロゴデザイン:城井...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。